学生&卒業生が語るキャンパスライフ

就職

世界を見たいと思っていた私の決断は、
地元に戻り、地元の素晴らしさを発信することでした。

青山学院大学 国際政治経済学部 国際政治学科4年
北海道出身
内定先:北海道の大手製菓メーカー

北海道で過ごしていた高校時代、紛争地の子どもを映すニュースにショックを受け、その後、カンボジアとベトナムへのスタディツアーに参加して、戦争について考えたことが国際政治に興味をもったきっかけです。紛争問題を専門とする先生がいらっしゃる本学部で学びたいと思い入学。政治や国家についての知識を深め、充実した学生生活を送っていましたが、就職活動を進めるうちに大きな変化が生じました。いつも温かく迎えてくれる家族や友人のいる地元で働きたいという感情が高まり、Uターン就職を決断したのです。それは地元に帰る機内から見る北海道の広大な大地に「帰ってきた」という安堵感を覚え、次第にその気持ちがふくらんだ結果です。全国的に高い知名度を誇るのに、北海道のみに店舗を置き、作り手の思いが詰まったお菓子を製造しているところに惹かれ内定先を志望。地元で働くメリットは安心感と東京で培った経験を故郷に還元できることだと思います。

※情報は取材当時のものです。

学生&卒業生が語るキャンパスライフのトップへ

資料請求はこちらから