学生&卒業生が語るキャンパスライフ

就職

キャリアセンターで実践的な指導を受けられ苦手意識を克服することができました。

法政大学 情報科学部 コンピュータ科学科 4年
青森県出身
就職先:日立製作所

大学での学びを通して社会を支えるITシステムへの関心が深まり、この世界で社会に貢献したいと思ったのが、システムエンジニアを志望した理由です。初めての就職活動は、分からないことばかり。ある企業ではインターンシップに参加する際に電話面接がありましたが、口頭だけで的確に伝えられるのだろうかと不安に感じ、1日に二度、キャリアセンターで指導を受けたこともあります。「資料に目を落としながら話すと棒読みになってしまう」など、客観的なアドバイスを受けられたことが、電話面接の本番でも役立ちました。また、エントリーシートの添削や面接の練習なども、事あるごとに活用しました。内定をいただいた会社は社会インフラ分野にも力を入れており、多くの人々の役に立ちたいという思いを実現できると思ったところに共感しました。自分自身や周囲の人々が暮らしの中で便利に使えるようなシステムの開発に携わることが目標です。

※情報は取材当時のものです。

学生&卒業生が語るキャンパスライフのトップへ

資料請求はこちらから