学生&卒業生が語るキャンパスライフ

留学

日本と、自分自身を見つめ直すきっかけになりました。

法政大学 社会学部 メディア社会学科 4年
北海道出身
留学先:淡江大学<台湾>

十億人以上もの人が話す中国語は将来必ず役に立つと考え、その力を伸ばしたいと留学を決めました。台湾を選んだのは、東日本大震災に対する台湾の多大な支援が印象深く、日本との関係について学びたいと考えたからです。法政大学の派遣留学制度は経済的負担が少なく、国際交流課のサポートのおかげで安心して留学生活を送ることができました。現地では、大学の授業に加え日本語を教えるプログラムに参加し、台湾の生活や文化を現地の方から学ぶこともできました。異なる文化を持つ方と交流する中で、自分の常識が必ずしも相手にとっての常識とは限らないことを改めて実感。日本、そして自分自身を見つめ直すきっかけにもなり、今後の人生を歩む上で意義深いものになりました。

※情報は取材当時のものです。

学生&卒業生が語るキャンパスライフのトップへ

資料請求はこちらから