学生&卒業生が語るキャンパスライフ

就職・キャリア

1年次から学んできた専門的な知識が研究内容を伝える面接の場で役立ちました。

法政大学 生命科学部 環境応用化学科 4年
徳島県出身
就職先:大日本印刷 株式会社

印刷技術を生かして幅広い分野で事業を展開しているところに興味を持ち、大日本印刷を志望先に決めました。それは、化学の視点で環境問題を解決し、卒業研究で取り組んでいる省エネの技術・知識を生かしたいと思ったからです。就職活動では、エントリーシートの添削や面接の練習などでキャリアセンターに何度も通いました。中でも、自分の研究内容を伝える技術面接の練習は、他の団体や企業主催ではサポートしてもらえないので、とても役立ちました。面接では始まったばかりの研究内容について話すことになりますが、1年次から専門科目の学びができたこともあり、自信を持って質問に対応できました。就職活動期間は、卒業研究も同時並行なので忙しく、寝不足の日々が続きましたが、モチベーションを高く保ったまま乗り切れたのは、「ここで働きたい」「この研究を生かしたい」という強い思いがあったからこそだと思います。

※情報は取材当時のものです。

学生&卒業生が語るキャンパスライフのトップへ

資料請求はこちらから