学生&卒業生が語るキャンパスライフ

その他(サポート)

地元への貢献を実現するため、大学での学びに万全を期す。

國學院大學 法学部法律学科法律専門職 4年
鳥取県出身
内定先:鳥取県庁

高校時代から法曹を志望し、大学2年次に地元・鳥取県のより良い行政の実現に貢献しようと思い定めました。そのため、1・2年次の主要な法律系科目の学修と並行して、私は「公務員基礎講座」を受講し、憲法や民法のほか、経済学や数的処理の基本知識を身に付けました。また、各自治体の採用説明会に手分けして参加するなど、公務員志望の仲間たちと協力して事に当たったのは良い思い出です。あくまでも鳥取県が第一志望でしたが、学力の到達レベルとしてはより高度な国家公務員一般職を想定したことも、目標を手繰り寄せられた要因だと考えています。

※情報は取材当時のものです。

学生&卒業生が語るキャンパスライフのトップへ

資料請求はこちらから