学生&卒業生が語るキャンパスライフ

交換留学体験記

物事の本質を見る大切さを学び、異文化を受け入れる許容力もつきました

日本大学 生物資源科学部 応用生物科学科 4年
留学先:トロント大学(カナダ)へ交換留学

2年次の夏から約10か月間、北米でもトップクラスの名門大学カナダのトロント大学へ留学しました。留学できる機会を持てたことに感謝しています。大学では主に生物学に関する授業を履修しました。講義の中には千人規模の教室で授業を受けることもあり、各自がパソコンを携帯し、ポータルサイトにある資料を閲覧しながら授業が進みます。質問に対する回答もネットを介して教授に伝わる仕組みもあり、飽きることはありませんでした。講義内容も奥が深く、例えば、なぜあの生物はあの形をしているのかというように、物事の本質を見ることの大切さを学びました。課題も多くて勉強は大変でしたが、休日には世界各国から来ている留学生たちとパーティーを開いたり、観光をしたりと充実した日々を送りました。そうした留学生たちと接することで、自分について見つめ直すきっかけを得ることができ、また異文化と接することでそれらを受け入れる許容力が身につきました。帰国後も他国の交換留学生たちと交流を続けています。

※情報は取材当時のものです。

学生&卒業生が語るキャンパスライフのトップへ

資料請求はこちらから