学生&卒業生が語るキャンパスライフ

就職

「最後は自分で決めるしかない」。先輩からの助言を信じてやり抜いた就職活動。

専修大学 法学部 法律学科 4年
東京都出身

専修大学には、内定を獲得した4年次生が就職活動を始める後輩たちにアドバイスを行う仕組みがあります。私も3年次のときに“自信をつけるには自分を信じるしかない。アドバイスを受け入れることも大事だけど、最後は自分だよ”という力強いエールを先輩からいただきました。ちょうどエントリーシートを前にして自己PRがうまく作成できず、自信が持てないときの言葉でしたので、とても勇気づけられました。また、“WEBテストの対策は早めにコツコツと備えること”という具体的なアドバイスもいただきました。加えて、就職課開催の「学内企業説明会」や「就職合宿研修会」に積極的に参加し、就職活動が本格化しはじめる春からは就職課の個別相談にも通いました。“最後は自分”という言葉を胸に、自ら考え決断していった結果、8月上旬に内定をいただくことができました。今度は私が後輩たちに、エントリーシートやWEBテスト対策は早めに備えれば不安は消えること、就職課スタッフや仲間、先輩、卒業生の話を良く聞くこと、そして最後は自分を信じて決めること、を伝えながら全力でサポートしたいと思います。

※情報は取材当時のものです。

学生&卒業生が語るキャンパスライフのトップへ

資料請求はこちらから