学生&卒業生が語るキャンパスライフ

留学

「世界一幸せな国」が教えてくれることを
日本の未来へ活かす

上智大学 法学部 法律学科 4年
東京都出身
留学先:Aarhus University (デンマーク)

比較政治学の講義で世界一幸せな国として紹介されたデンマーク。その理由を探ろうと留学を決めましたが、文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム(*)」にも計画が採用されて、プログラムの第一期生に選ばれました。
現地での調査の結果、フレキシブルな労働環境、時代に即した社会保障制度や教育システム、そして、国民の社会への帰属意識の高さなどが幸せを生み出す複合的な要因だと理解できました。また、日本文化への関心の高さを知り、現地の学生が日本人と交流する日本カフェを大学内に開設したところ、今も後輩たちが引き継いで盛り上げてくれています。
今後は留学での経験を糧に、自分にしか作れない価値創造を目指して、ひいては日本が世界一幸せな国になる手助けができればと思っています。
*トビタテ!留学JAPANは、官民協働で取り組む海外留学支援制度です。

※情報は取材当時のものです。

学生&卒業生が語るキャンパスライフのトップへ

資料請求はこちらから