学生&卒業生が語るキャンパスライフ

就職

躍動する世界へ、視線を投げかけ心を傾ける。
自分次第でキャンパスは世界につながります

上智大学 外国語学部 英語学科 卒業
東京都出身
勤務先:日本貿易振興機構(JETRO)

学生時代は新しいことに挑戦しようと中南米研究会に入りました。そこから興味が広がり、ブラジル経済学の講義を受けたのです。地球の裏側で起きた事象が日本にも影響することを知り、日本と世界をつなぐような大きな経済の流れを作る仕事がしたいと思い、この仕事を志望しました。現在は、国内企業の海外展開や外国企業の日本での展開を国に代わってサポートする団体ジェトロにて、中小企業の海外進出・展開の支援事業を担当しています。近々の目標は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで繰り広げられると予想される各国のトップセールスのバックアップ体制づくりに関わることです。
大学時代は「走り切った感」があります。3年次以降はポルトガル語も勉強し、新聞学科の開講科目では脚本やCM作りにもチャレンジしました。深く学ばなくても触れるだけでも見えることがありますし、多角的な視野は確実に身につきます。
上智というと留学を連想する人も多いですが、私は大学をフルに活用すれば海外の大学と同じ環境で知識が増やせるし、語学力も上がると思っていましたし、自分でそれを実現しました。上智大学「らしさ」を積極的に体感して、仕事や人生に役立つ経験を重ねられることを願っています。

※情報は取材当時のものです。

学生&卒業生が語るキャンパスライフのトップへ

資料請求はこちらから