國學院大學

もっと日本を。もっと世界へ。

國學院大學は、1882年(明治15)に母体となる「皇典講究所」が創立されて以来、135年に渡り「日本を学ぶ」ことを理念とし歴史を歩んできました。昨今、多くの大学が「グローバル人材」の育成を掲げる中、國學院大學は創立以来「日本を学ぶ」教育を実践し続けています。なぜならば、『日本人としての主体性や自国文化への理解なくして、異文化(他者)を理解することは出来ない』と考えるためです。現在では、文学部・神道文化学部・法学部・経済学部・人間開発学部の5学部13学科に加え、大学院(文学研究科・法学研究科・経済学研究科)が設置され、専門的な学修を行いながら、各学問の立場で日本についての理解を深めていきます。

また、本学では平成29年度より、社会人として必須となる基礎力と、多様な価値観を養い、21世紀を担う人材を育成することを目的とした「共通教育プログラム」を導入しました。当プログラムは「國學院科目群」「汎用的スキル科目群」「専門教養科目群」「総合科目群」の4つで構成されており、学修成果参照基準によって修得されるべき目標が明示されています。

スペシャルコンテンツ

おすすめ情報リンク!

資料請求はこちらから